須磨離宮公園(植物園側)の行き方

須磨離宮公園は、神戸市須磨区にある広大な公園です。

大きく分けると、本園と植物園があり、このブログでは植物園を説明します。

植物園駐車場のアクセス方法はこちら(本園の駐車場ではありません)。

 https://www.kobe-park.or.jp/rikyu/access/car/page-1939/

植物園側のマップを拡大します。

植物園側の入り口は、東門がおススメです。

「植物園駐車場」から和室まで、大人の足で、徒歩5分。ゆるい上り坂です。

本園の駐車場(P1,P2,P3)からでも歩けますが、大人の足で、徒歩15分。階段がたくさんあり、道もわかりにくいので、植物園に行くにはおススメしません。

植物園駐車場は予約が可能です(駐車場は有料です)。

予約はこちら。

https://www.kobe-park.or.jp/rikyu/parking/calendar.php

東門の入り口です。

入園料は、15歳以上 400円 小中学生 200円(2021年時点)

須磨離宮公園の入園に関する割引情報はこちら。

https://www.kobe-park.or.jp/rikyu/summary/

 

ゆるい上り坂を歩きます。和室まで大人で5分くらいですが、お子様連れなら10分~15分くらい余裕をもってください。

橋の山側には小さな滝があって、子どもたちも立ち止まるポイントです。

和室まで、見どころがあるので、時間に余裕をもってきてくださいね。

橋を渡ったら、二手に分かれます。

道しるべがでていますが、和室に行くには、左手の階段を進んでください。

階段の隣にはスロープもあります。

階段を昇ったら、左手に、和室と和庭園の入り口があります。

正面のスロープを進むと、和室の正面に出ます。和室に来られる方は、スロープでどうぞ。

白い建物が、和室です。

左側が入り口です。

和室と日本庭園は隣接しています。

もし雨が降っても、和室で撮影が可能です。

また、和室から臨む日本庭園が美しく、庭園の景色の中で撮影ができるのも、須磨離宮公園の魅力です。

バラの季節は、本園で撮影会を開催しています。詳しくはこちら。